見学会開催決定!!ご予約受付中 お申し込みはこちら見学会開催決定!!ご予約受付中 お申し込みはこちら
MENUCLOSE

BLOGブログ

Date 2018.5.22

「 シャッター雨戸は巣づくり対策を 」 

こんにちは、BELL’s  works (ベルズワークス)の鈴木です(^O^)

 

 

 

シャッター雨戸の戸袋には、

大人の指が入る程度の隙間があるのは知ってましたか?

入り口からすぐ先の壁側に枯草を置きやすい段差があり、

スズメが巣作りするのに最適な状態になっています。

猫や蛇などの天敵の目に触れにくく、安全性に優れているので、

あちこちのシャッター雨戸がスズメに狙われていまよ(^_^.)

そこには、巣作りの材料として

草や枝、カラスやハトの羽などが大量に運び込まれます。

「雨戸が動かず、覗き込んで初めて巣があることに気づいた。

手探りで巣を取り除いたら、卵やヒナも落ちてきて…」

とショックを受けたことがある人は少なくないんです(^_^;)

 

● 対策

最も簡単な対策は、雨戸を毎日開け閉めすることです。

とはいえ、それを習慣化するのは大変ですよね。

それなら、スズメが入り込める隙間を無くしましょう。

業者に相談すれば、戸袋にネットを固定するなどの方法で

隙間を減らしてくれます。

鳥よけスパイクや忌避剤などを通販購入し、

自分で設置するのも良いでしょう。

100円ショップやホームセンターで、

役立ちそうな商品を探すのも楽しそうです!(^^)!

 

その場所を気に入ったスズメは、毎年戻ってきて巣作りするとか(-_-;)

新居にシャッター雨戸を設置するなら、

早めに対策を施しておいた方が良さそうですね!!

 

 

 

追伸 : BELL’s  works  の家づくりは、シャッター不要ですけどね!(^^)!

 

それでは~(^o^)/

 

 

 

 

画像はネットからお借りしました。

 

「圧倒的にカッコイイ・快適なデザイナーズ住宅・ 新築住宅・注文住宅・リノベーション・リフォーム は、

BELL’s  works で !!」

 

建築エリア  茨城県  鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市、香取市

 

↑TOP