見学会開催決定!!ご予約受付中 お申し込みはこちら見学会開催決定!!ご予約受付中 お申し込みはこちら
MENUCLOSE

BLOGブログ

Date 2018.2.13

【 照明計画を失敗しないために!! 】

精肉売り場であなたを魅了した鮮やかな色のお肉ですが、

清算を終えて袋詰めしている時、

「あれ?さっきと色が違う?」なんて

不思議に思ったことはありませんか?

 

 

こんにちは、BELL’s  works (ベルズワークス)の鈴木です(^O^)

 

今日は、照明の話です。

 

生鮮食品売り場の照明は、

肉や野菜をより美しく見せるために波長を調整しています。

昔は照明にフィルターを付けていたので一目瞭然でしたが、

今はフィルター無しでも食品の色を引き立てることができます。

知らないまま買い物をしている人は、

少し損をした気分になるかもしれませんね。^^;

 

照明の色の違いを意識したことはありますか?

照明の種類には「昼光色」「昼白色」「白色」

「温白色」「電球色」といったものがあります。

 

少し青が混じった白色の「昼光色」は、昼間のような明るさをもたらします。

光が強さが脳を活性化させるので、勉強や仕事をする部屋に最適なんですが、

寝室などのリラックスしたい部屋には不向きですね。

昼光色をメインの照明にして部屋全体を明るくすると、

その光の強さがストレスを与えることがあります。

また、最も明るい色とはいえ、

部屋の隅で本やパソコンを見るには明るさが足りませんね。

それが視力に影響を与える可能性も . . . . .

全体照明をほかの色にし、

目を使う場所に間接照明として昼光色を取り入れるなど、

部屋の使い方によって照明の併用も検討してくださいね。

「昼白色」は、太陽光に近い自然な色合いの光です。

昼光色より明るさを抑え、優しい空間を演出したい時にいいですね。

昼光色より明るさを抑え、癒し効果を期待するなら「電球色」。

ほかの照明より赤みがあり、

その温かな雰囲気がリラックス効果をもあります!(^^)!

寝室やダイニングなど、穏やかな時間を過ごしたい場所に最適!!

 

部屋の隅々まで明るく照らすのも良いのですが、

あえて明暗のある空間にすることで

より居心地が良いと感じることもあります。

 

照明の違いを体験する場合、

喫茶店や美術館など、お気に入りの場所の照明を

観察して見るのもおすすめです。

光の強さ、色合い、照明の位置、その空間の利用目的など、

観察すればするほど面白いですよ~(^O^)

では、また。(^o^)/

 

 

画像はネットからお借りしました。

 

 

 

「最高にカッコイイ・快適なデザイン住宅・ 新築住宅・注文住宅・リノベーション・リフォーム は、

 BELL’s  works で !!」

 

 

 

建築エリア  茨城県  鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市、香取市

↑TOP