MENUCLOSE

BLOGブログ

Date 2018.1.25

「 バルコニーの腐食対策 !!」

こんにちは、BELL’s  works (ベルズワークス) の鈴木です(^O^)

 

今日は、バルコニーの腐食対策のお話しです!

 

新築の際、しっかりと防水対策をしたバルコニーでも、経年劣化などが原因で防水機能が損なわれることがあります。

 

バルコニーの床や手すり壁に『ひび割れ』はありませんか?

ひび割れを放置すると、雨が降るたびに水がしみ込んで防水層にダメージを与えてしまう恐れがあります。

雨が降った後、そこだけ乾燥するのが遅いのなら、ひび割れは深いかもしれませんね。

 

次にチェックしたいのが、排水口の周囲の『汚れ』です。

例え土やホコリなどの小さなゴミでも、放置すると水の流れが悪くなります。

そのため、大雨を迅速に排出できず、バルコニーに雨水が溜まることがあります。

まれに、その雨水が壁や窓との境目に入り込み、腐食の原因になることがあるんです。

定期的に掃除をして、その時に悪い場所が無いかチェックし、被害を最小限に抑えてくださいね!!

それでは(^o^)/

 

 

画像はネットからお借りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最高にカッコイイ・快適なデザイン住宅・ 新築住宅・注文住宅・リノベーション・リフォーム は、

 BELL’s  works で !!」

 

 

 

建築エリア  鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市、香取市

↑TOP